アフターコロナはハイブリッドな美容室へ

SNSの普及もあってか、不平不満批判が充満してるこの感じはホントにイヤでイヤで、誰かのせいにして、自分は何も

しない人がこんなにも多いのかってホントに気分が悪くなる毎日です。

なので、なるべくこれからを前向きに考えています!

ここ数年のトレンドって一つのことじゃなくて「複数」のことができることだった気がしませんか?

記憶が正しければ最初は「美しすぎる議員」

 

その後、お笑いがMCを務めたり、ジャニーズがニュースキャスターになったり…どんどんハイブリッドな人たちが増えていきましたよね。そう、もう時代はすでに

一つのことじゃ事足りない時代

だったんです(もちろん一つのことだけでやり切れる人たちもいるのですがその席が極めて少ない)。今現在も活躍してる人たちは本業以外の部分で他の分野を食っていってた人たちが多くいるのです

今真っ最中のコロナ騒動。美容業界以上にやられてる飲食業界が何をやってるかというと「テイクアウト&デリバリー」です。

こんな素敵なムーブメントが起こっています!最高すぎる!

今までお店の中でしか提供しなかった店舗が、一歩前に出たのです。今を生き残る唯一の方法なのかもしれませんが、テイクアウトやデリバリーの専門店は今までもあったわけです。それが新たなマネタイズを始めたのです。

これはきっとこれからの飲食業界のスタンダードになると思うのです

美容室業界(ヘア)は、今まで他業種に人たちにどんどん侵食されてきた業界でしたよね。

だからこそコロナ後は美容室は新たなサービスをもってハイブリッドに変身するべきかと思っています。

一部の美容師さんは飲食店を経営していたり、商品をつくっていたり、リラクゼーションをやったり。

ヘアー+ネイル+アイラッシュみたいなのはすでにあるけど、商圏と消費行動が一緒なのは弱い気がします。今の美容室の弱点である「ライセンス縛り」と「労働集約」を解消できたら強いよね。

気になるのが、一部のサロンで見られるいわゆる

「店販」商品のネット販売。

これはダメでしょうね。ネットに流れてない、サロンでしか買えない商品のみの販売をしてるようですが、一度ネットで買ったらその大きな市場に顧客は流れるはず。「あそこは違反なんですよ」と横流しのネットショップを指摘したところで一般の方からしたら「なんで?」でしかないと思います。商品ラインナップが豊富で選び放題、しかも安い!今までと違ったもの使ってみちゃうでしょ。

それでも「やっぱりこの商品じゃなきゃダメ!」という商品力のあるモノがあるのか?と個人的には感じますので、もし物販をやるなら、最安値を実現するか、オリジナルしかないでしょう。(あくまでも個人的考えです)

この市場だけで今までと同じ売上をつくるのは難しくなるはず。だから【生み出す思考】を持ってください。

アドバイスとすれば、美容業界の真似をしないで他業種を広く見ること。美容業界ってそれほど市場大きくないし、遅れてる。

思い切って、求人サイトの代理店&スタッフマッチングとかを美容室がやってみませんか?

現在、美容師求人応募の動きは活発です!明らかに若い子!過去最高くらいに!今は余裕がないサロンが多いかもしれませんが、今攻めることができたら強い!時期に中途も動いてくるはずです。

ちなみに髪job代理店はノーリスクで始められますし、エリア独占も可能。市場を確立すれば美容室の求人コストを大幅に下げられる!(←私たちが最終的に目指しているのはココ。美容室の広告コストが高すぎるんですよ。集客も。このことについてはまたあとで)

コロナ収束はまだもう少しかかると思います。人のことを言ってる場合ではありませんが、ぜひ共に頑張りましょう!!

    問合せ内容(複数可)
    プロモーション全般グラフィック制作WEB制作求人プロモーション全般髪jobへの掲載その他