《肩書き》に負けないチカラと《本物》を見極めるチカラ

弊社では、仕事柄様々な雑誌に目を通すようにしています。そんな中で、業種に関係なく以前から思っていたことが、

肩書きの持つパワーです。

店舗や個人のプロフについてくる「肩書き」。意識しなくても必ず目入ります。
飲食なら「銀座の名店で修行した〜」とか、広告なら「元電通/博報堂」とか、「元ガンズのギタリスト」とか「○○専属モデル」とか、「ミシュラン三ツ星」とか「◎○広告賞」とか…

Facebook対応のかんたんネットショップ開業【イージーマイショップ】

shutterstock_158942099

どちらにしてみても受け手(消費者)からするとブランド(商品)の「安心」や「信頼」を補完してくれる重要な情報なので必要ですね。それがあることで認知や売れるスピードは確実に上がります。でも重要なのは…

その肩書きにその人(店)の実力が伴っているか?

ってことだと思います。

そういった場合、受け手は必ずその人(店)に銀座の名店や電博を求めます。その上で「あそこはおいしい!」「あそこはすごい発想だ!」ってなれば問題ないのです(発信側としては)。

美容に置き換えると、地方で良く見ますが「青山・原宿のトレンドを宇都宮で!」とか「元MINX出身のオーナーが〜」みたいな感じ。

その表記自体、まったく問題ありません。(経歴詐称でなければね)地方からすれば《憧れ》を掻き立てられ、プロモーションとしては推奨します!多少の誇張表現をしたとしてもきっと地元の方にはわかりません。

消費者としての問題

私たちが消費者側になった場合、個人的には、モノの本質を『客観的に判断できる』のかが重要だと感じています。

肩書きに惑わされないで「良いもの」と「そうでないもの」を判断できていますか?近年益々できてない世の中な気がしています。

無料出店できるネットショップ開業【イージーマイショップ】有料版の60日間お試しキャンペーンも実施中♪
shutterstock_168830138
「全米が泣いた」すげーつまんない映画、元○○プロデュースのアーティスト、そんなモノはごく一部ですよね


美容師はデザインの創り手(クリエイター)です

私たちや美容師さんのようなデザインの創り手として大切にしてほしいのは、ブランド(名前)に惑わされず「良いもの」を判断できる知識経験と、もちろん一番は【良いものを創れるデザイン力】。

無料出店でかんたんネットショップ開業【イージーマイショップ】

「青山原宿」とか「元有名店」なんて肩書きに関わらず、あなたの店のファンはあなたの街にいるはず。そして、自分の街に誇りを持っているはず。決して「東京」に対して負い目を感じてないでしょ?

一般の人たちは、知識のない素人です。

美容業界の常識は一般からすると常識じゃないことがいっぱい。でもユーザーは一般の人たち。

業界として停滞感が否めない時代ですが、美容業界の本質は何も変わってないと思います。むしろ、変わらずにやっているから停滞してるのに気づかなくてはいけないのです。

今ムーブメントを起こしてる方々って美容業界外の人多いと思いませんか?

今までの自分たちにプラスαは美容以外から取り入れましょう。

木を見て森を見ず…地方の美容師さんに危惧するのはそれだけです。


髪jobは地方のための美容師求人サイト。

カミジョブは小規模サロンでも無理なく掲載できることがコンセプト。応募者は登録不要ですぐ応募でき、サロンと美容師を最短でつなぐ求人サイトです。 PR情報・写真が多数掲載できサロン情報を詳細に掲載可。各エリア毎に最適化する唯一の美容師求人サイトです

各エリア取り扱い代理店も募集中です

カミジョブを運営しているJAMROCKはマーケティングやプロモーション等、求人から集客・ブランド戦略まで、サロンの前後をすべてサポートするクリエイティブ会社です。サロンの悩みを解決したい想いから髪ジョブが生まれました。

そんな熱い想いの美容ディーラーさん、髪jobの代理店はいかがでしょうか?美容室求人をサポートして地域唯一のサロンサポートディーラーになりませんか?きっとチカラになれます^^

友だち追加

企画運営 株式会社JAMROCK

Instagram