美容師は将来無くなる仕事なの?

働く人々

こんにちは。髪job事務局です。

なんやかんやあったオリンピックも始まり、金メダルなどの明るい話題もでてきましたが、漠然とした不安がまだまだ広がっている世の中。将来、つまり今後の自分について考える機会も増えているのではないでしょうか。

今後について考え始めると、そこには必ず「仕事」に関することも出てきます。

 

自分はこれから先どんな仕事をしているのだろうか。
このままの仕事をずっと続けているのだろうか。

 

う〜ん、重くなりそう。。(苦笑)

 

ですが、ちょっとお付き合いくださいませ。

 

「憧れ」の仕事も無くなっていく時代

 

AIの発展もあり、定期的に「将来無くなる仕事」という話題が上がりますね。以前だったら憧れの就職先のひとつだったであろう大手銀行でさえ大規模人員削減を発表するような時代。

ほんの数年前までは就職できれば安泰!の銀行員。いわゆる「エリート職」ってやつ。

 

それが、実は

「人工知能(AI)=機械」ができる仕事

だったというのです。

もちろんこの他にも様々な要因があっての人員削減のようですが、「憧れ」だった仕事が、「機械」でもできちゃいますよ!という時代がいよいよ来てしまいました。

漫画や映画で見ていたAI(ロボット)と共存する世界がすぐ目の前に・・・。

 

 

「人」の仕事はどんどん「機械」が取って代わり・・・。

 

ひいっっっっっっ・・・。

仲良く共存していきたいですね。

 

「クリエイティブ」業はまだまだ強い

 

そんな中、まだまだ機械にとって変われない仕事が

「クリエイティブ」業

だといわれています。

 

 

ってか“クリエイティブ”って何やねん。。

自分がよくわかっていないカタカナ語はなるべく使わないようにしましょうね。

 

ということで、クリエイティブとは

クリエイティブクリエイティヴ(Creative)とは、創造性、創造的であることの英訳。
出典:Wikipedia

とのことです。

つまり、「人」にしかできない「創造性」の高い仕事ということですかね。

 

具体的には、映画監督、イベンター、舞台演出家、漫画家などなど。まだまだ人にしかできない仕事はたくさんありそうです!安心してください!(笑)

人の「感性」に関わる部分は「曖昧」なことが多いので、機械が理解し、カタチに落とし込むには今のところ難しいと言われています。

・・・今のところ・・・ね。

 

余談ですが、グラフィックデザイナーや広告ディレクター、コピーライターなどもなくならないといわれています。

機械にはできない、人の「感性」に訴えかけるようなものを作ることができれば・・・ってことでしょうけど ^ ^;

が、頑張ります。。

 

あっ、書いていて自分が不安になってしまい、前置きが長くなってしまいました。

すみません。

 

では今日の本題の「美容師」という仕事は今後どうなっていくのでしょうか?

 

 

「美容師ロボット」は実現可能

 

ロボット

まじすか・・・!?

って思いますよね。

 

私も思いました。

 

調べてみると、「カット」や「カラー」という作業自体は「単純作業」とみなされ、間も無く機械でも実現できるとされています。

頭の形も髪の状態も機械が判断できるようになれば、「カット」や「カラー」の作業工程は単純なんですって。。(私は美容師免許を持っていないので簡単に言っていますが、不快に思われたらすみません)

 

それに加え、人工知能(AI)で一人ひとりに合わせたヘアスタイルも提案してくれるようです。

 

あらすごい。

 

私は「美容師」は無くならない職業だと思っていましたが、こうなってくると・・・

 

「1000円カット」や「カラー専門店」では美容師ロボットが施術するなんていう時代が来るのでしょうか。

さらなる「時短」や「安さ」を叶えてくれそうな気がしますし、美容室をサクッと済ませたい人は多い。きっと一定の需要はありますね。

でもロボットには必ずメンテナスが必要です。もしかしたら近い将来、「美容師ロボットオペレーター」なんていう職業まで生まれるかもしれません。

 

 

人間の「美容師」にしかできないこと

 

では「美容師ロボット」が実現したら、「美容師」という職業は無くなってしまうのでしょうか。

 

答えはNO。

 

ただ、技術の進歩や時代の変化はあっという間だから、無くなってしまう可能性ももちろんあります。
コロナが起きて世界が大きく変化したように、これからの時代は何が起きるかはわかりませんから。。

もしかしたら「髪」だけでなく、今でいうエステティシャンのような「肌」に携わる仕事も含めて美容の仕事に就く人のことを「美容師」と言うようになるかもしれない。

もしかしたら人間の頭に髪が生えてこない時代が来るかもしれない。

スキンヘッド

 

まじかー(笑)

 

とまあ、広がる妄想は置いておいて、

 

美容師の「技術」だけなら機械が実現できるようになるでしょう。

でも、お客さまのほんの少しの変化を「感じ取る」ということは人間にしかできないのではないでしょうか。

 

いつもと雰囲気が微妙に違う。(話を聞いて欲しい?)

施術中にそわそわし始めた。(トイレ?体調不良?)

いつもより身体が凝っている。(疲れてるからのんびりしたい?)

施術後の反応がいつもより悪い。(今日は気に入らなかった?)

 

など、お客様の些細な変化を敏感に感じ取り、それに合わせて臨機応変に対応することは機械では難しいはず。しかし、人はそんな些細な変化に気づいてもらえ、しっかり対応してもらえると「気持ち良く過ごせた」と感じることができます。

もしかしたら「美容師」さんは、そんな「気持ち良さ」を提供する職業になっていくのかもしれません。

やはり「曖昧」な部分がますます大切になってくるんですね。

 

今後の美容室は今よりもっと、「気持ち良さ=居心地の良さ」を求めて行く場所になるでしょう。

そしてそこで対応してくれるのは人間の「美容師」さん。「技術」も含めて「気持ち良さ」を提供してくれる。

 

 

 

そうなると、人間の「美容師」さんが対応してくれる美容室は高級な場所になっていきますね。

 

 

 

「美容師」は高度な資格、憧れの資格に・・・

「カット5万円」とかなったりして・・・

 

そ、そんな・・・

 

でも「美容師」がロボットに取って代わられない、唯一無二、憧れの仕事になることは良いこと。一番悲しい将来は、「美容師になる人が少なくて、人手が足りずにロボットに取って変わられた」というストーリーです。

つまり《人手不足》で美容師という仕事がなくなってしまった。
今のままだとありえそうですよね・・・。笑えないー。

そうならないためにも、美容師の《給料が安い》《休みがない》などの悪いイメージを払拭していけるような情報を髪jobでも発信していきます!!


美容師求人サイト髮jobカミジョブは、個人店でも無理なく求人掲載ができることをコンセプトにできた、価格・操作性・情報量・利便性ともに十分な求人サイト。地方エリアのサロンを中心に、美容師・美容室の求人募集 就職 転職をトータルでサポートいたします。
スタッフ募集に手詰まりのサロン様はぜひ一度お試しください^^
お申し込みはこちらから
求人サイトに頼らない自社プロモーションもぜひご相談ください

髪jobでは現在、より使いやすく、表示されやすい美容師求人サイトに育てるため、様々な施策を試験中です。
各地方エリアで検索上位を獲得できる美容師求人サイトになることが、その地域の美容室&美容師さんのためになり、サロンの求人費を大きく下げることができます

現在全国各エリアで美容師求人の無料掲載キャンペーンを実施中です

それをアテンドしてくれるその街の美容を愛する美容ディーラーさんも募集中。

《代理店募集中》他社の持ってないサービス商材をもって、ともにこの街で1番の美容師求人サイトをつくりませんか?

静岡・浜松エリアの美容室求人情報

仙台(宮城県)の美容師求人情報

福島県(郡山)の美容師求人情報

宇都宮(栃木県)の美容室の求人情報
栃木エリアでは掲載件数最大の美容師求人サイトです

 

友だち追加

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

美容師求人サイト髪job運営事務局 株式会社JAMROCKパシリ兼デザイナー兼Rocket Queen 好きな音楽は70~80年代HARD ROCK(GUN'N, AERO,etc) 居酒屋大好き。つまみは「厚揚げ」「煮込み」「いか一夜干し」飲むのは「ホッピー」