《ポストコロナ・アフターコロナ・ウィズコロナ》どう違う??

こんにちは。髪job事務局です。
コロナの話題ばかりで疲れてしまう今日この頃。かと言って大雨のニュースもとてもつらい。。
早く明るいニュースが聞きたいですね!

さて、そんなことを言っておきながらこのブログもコロナの話です ^ ^;
コロナのニュースを見聞きしていると、必ず出てくるカタカナ言葉。
《クラスター》《ソーシャルディスタンス》《ステイホーム》などなど。
あまりカタカナ語ばかり使うのも・・・と思っていますが、特に気になっているのが
《ポストコロナ》《アフターコロナ》《ウィズコロナ》というワード。
最近よく聞くようになりましたよね。

はて?
これらのワードはどう使い分けてるの?ってか何を意味してるの??
と思いません!?

私だけでしょうか(笑)

でも気になってしまったので、せっかくだしこのブログにまとめてみることにしましたー。
皆さんもブログを書くときなどの参考にしてみてくださいませませ。

※あくまでも自分のためにまとめましたので、【答え】ではなく【参考】程度でお願いします。

 

《ウィズコロナ》とは?

 

このワードの使い方は《ポストコロナ》《アフターコロナ》とは違う意図のようです。

《with》の意味は【〜と共に】

つまり、「コロナと共に生きていく、共存していく」というニュアンスで使われているようです。

はあ〜〜〜〜〜〜〜(ため息)
まさかこんな時代になってしまうとは・・・。(誰しも思っていますよね。。)

《ウィズコロナ》の使い方としては、【まだコロナに対するワクチンや特効薬がないから、「コロナになる可能性」を常に考えておきましょう】という意味を持っていると思って使えば大丈夫そうです。

 

《ポストコロナ》《アフターコロナ》とは?

 

《post》の意味は【〜の後】
《after》の意味も【〜の後】

 

ん?
一緒じゃんね??

ちなみに

postの対義語はpre
afterの対義語はbefore

つまりどちらも【前後】を意味しているのですが、その違いを調べてみると言語の成り立ちだったり、位置や空間を捉え方などの違いがあるようです。

が、正直言って

「ちょっと何言ってるかわかりません」(T澤さん風に読んでね)

状態でした(笑)

とりあえず、《ポストコロナ》《アフターコロナ》のどちらも「コロナがあるようになってしまった時代」について言っていると捉えておけば大丈夫そうです。(コロナがなかった時代を【前】として、コロナがある時代を【後】としている)

とまあ、私はこういう結論に至りました。
ここから先、《ポストコロナ》と《アフターコロナ》を正確に使い分けたい人は自分で調べてください(笑)

 

やっぱり《コロナ前》《コロナ後》《コロナと共存する》とか、日本語で表現してくれた方が私にはわかりやすいなーと思いました。

コロナに限らずビジネス用語のカタカナ語とか、ファッションのカタカナ語とか「もっとわかりやすく伝えてくれーー!」って思ってしまいます ^ ^;

カタカナ語を使う場合には、ちゃんと意味を理解して使いたいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

美容師求人サイト髪job運営事務局 株式会社JAMROCKパシリ兼デザイナー兼Rocket Queen 好きな音楽は70~80年代HARD ROCK(GUN'N, AERO,etc) 居酒屋大好き。つまみは「厚揚げ」「煮込み」「いか一夜干し」飲むのは「ホッピー」