最近の《スタイル画像》どうですか?

こんにちは◎
この度、髪jobブログで記事を投稿させて戴くことになりました
kahvi ia pulla(カハヴィ ヤ プッラ)と申します:-)

東京近郊で小さな美容室を経営しているちょっとだけキャリアの長い女性美容師です。
美容業での得意分野な話や、女性ならではの美容師の本音ができたらと思っています:-)


☆雰囲気画像とスタイル画像☆

美容師さん達の写真撮影技術が上がり(機材などの進化もあると思います!)
最近では、某◎◎◎◎ッパーさんなどでもお店によっては、まるで雑誌のような作品も多いですね^^

女性好みのハイキー(とっても明るい画像)&ボケ感でふんわり優しい甘めのスタイル画像などよく見ますし、実際お客様が持参する画像の中にも沢山あります。

スタイル画像というよりは《雰囲気画像》

というとしっくりきます^^
ファッション雑誌の1ページような画像
やはり心をつかむってことでは雰囲気画像ってとっても素敵。
作り手の雰囲気やイメージがとっても良く出ますよね^^
それによって指名も増え、お客様が多くなるのはとてもいい事ですね◎
実際写真の出来具合で、検索ヒット件数が倍になるとかならないとか。。。
最近はアプリなどで加工もできますし、色々チャレンジしたくなりますね!

でも。。。雰囲気画像って、スタイル画像として見ると得られる情報って案外少ない事が多いと思いませんか?(。。って思うのは自分だけでしょうか?)

自分(美容師)が作った雰囲気画像をお客様が持参してくれれば何の問題もないのですが…

他の美容師さんが作った雰囲気画像を持参していらっしゃるお客様には
ものすごく想像力を駆使してカウンセリングしてませんか?

雰囲気画像にスタイル作った美容師さんのカラーについてコメントがあったとしても撮影した時の光の環境で、仕上がった雰囲気画像がまったく違う色味に見えてたりするんですよね。。

すっごく素敵なスタイルなのに もったいないです。
お客様には、全く違うカラーの色味に見えてるのかも。。
スタイル作った美容師さんの作品が、きちんと伝わらないのはとっても残念です;;

defa78668afd01b305985cb14d8a6279_s5966a0146b316f416d4444817831b7a8_s

※例えば、上の画像(プロのカメラマンさんの作品)
同じモデルさんですが、ヘアカラーが左はアッシュ系、右はマット系に見えませんか?
場所(背景)と光の加減でこんなに髪の色味が変ります。

798f96df780fed3401d6296947b6bc2b_s

※こちらは,同じモデルさんでも、衣装が違うのでもっとマットに見えます。
そして正面からの撮影で、このモデルさんはアシメのショートスタイルという事が分かります。

意図があって光を駆使してアプリやソフトで加工しての雰囲気画像ですが、ヘアースタイルを見るには情報が少ないのです!
私個人としては、目で見て、前,横、後ろとヘアースタイル情報を提供している画像を《スタイル画像》だと考えています。(いわゆるヘアカタログ要素ですね^^)

最近の流行は、人気のある雰囲気画像が多く、
ヘアカタに載ってるような、ヘアースタイルをかっちり押さえている画像が少ない気がします。

雰囲気画像をメインで掲載するなら、その1枚だけでなく、
正確な色味やシルエットがわかる環境で撮影した、きっちりピントが来ててヘアースタイルがはっきりわかるカットを添えれば、お客様にも正確にスタイルの情報が提供できるのではないかと思う今日この頃です。

お客様に分かりやすいスタイル画像が大切

手間のかかる事ではありますが、このひと手間をかけるってことが大事なのかなと思います^^

色々撮影の勉強をして、雰囲気画像とスタイル画像を駆使して、素敵な作品画像増やしていきたいと思っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。