褒め上手、褒められ上手になろう〜褒められ上手になろう編〜

こんにちは。髪job事務局です。

 

わーい、ちゃんと続きが書けたぞー!

って今回初めて読んだ人は「なんだよ?」ですね。

前回のブログで「褒め上手、褒められ上手になろう〜褒められるのが苦手編〜」を書きました。

今回はその続き、「褒められるのが苦手だった人間」「なぜ褒められたことを素直に受け取れるようになったのか」編です。

「〜褒められ上手になろう編〜」というより、「〜褒められ上手への道〜」の方が近いですね。

何せまだ私は褒められ上手になってないですし。

ときどき素直に受け取れない時があったりするので(笑)

でもそんな私はどのように変化をしていったのでしょう!?

引き続きゆるりとお付き合いくださいませ ^ ^

 

 

言葉だけでも素直に受け取る

 

ん?素直に受け取るってそのままじゃん??

と思いましたよね。

違うんですよー。ポイントは、言葉【だけでも】素直に受け取る。ということ。

これは「他人を信用できないから褒めを素直に受け取れない」ことに対しての克服法です。

「克服法」って大げさな・・・って思うかもしれませんが、何せ褒められることが「苦手」ですから。

苦手を克服するぞー!ってことで。

 

・考え方を変える

 

その人のことを信用していなくても、本心からの言葉じゃなさそうだったとしても

「せっかく自分を褒めてくれているんだから、褒め言葉だけでも素直に受け取ろう」

という考えを少しずつ持つようにしました。

あくまで少しずつ。いきなり「他人を信用」なんてできないですもん(開き直り)

 

「冷たいな」と思いましたかねえ・・・^ ^;

 

「言葉の裏側」っていうんですかね、「真意」を考えることをやめるようにしました。

「この褒め言葉は信用していいのかな?」とか思うとキリがない!

言葉を深追いしてはいけないなと。疲れるだけなので。

まずは「褒め言葉をそのまま素直に受け取ることに慣れていこう」というモチベーションになりました。

 

 

自分を褒める

 

ここまで極端じゃないけど(笑)

「他人に褒められることが苦手」なら、「まずは自分で自分を褒めよう!」ってね。

これは「自己肯定力が低い」ことへの克服法ですかね。

自己肯定力が低い方は自分に厳しい方が多いですから。

自分に厳しいから自分が認められない。

もっと自分に甘くいきましょー!!!

 

あれ?私、自分に甘いのに自己肯定力低いな・・・(笑)

ま、それは置いておいて。

自分を褒めること=自分を認めること

につながりますから、まずは少しずつ自分を褒めてみましょう!

 

・ちょっとしたことで褒めて良い

 

「今日も朝ちゃんと起きれた」

「今日も仕事に行けた」

「昨日の夜はスマホを見ずに早めに寝れた」

のような、ごく普通のことで自分を褒めてみる。

大げさなことじゃなくて良い。

小さなことから始めるとそこまで気合を入れなくても良いし、褒める機会も増える。

自分を褒める機会が増えると、褒められたことも素直に受け取れるようになっていきました。

 

考えすぎちゃうときとかは、「今日も生きてる!」ってだけで褒めてあげましょうよ♪

 

 

謙遜をしない

 

まー、これが結構難しいんですよねえ。。

特に「褒められ慣れていない人」には難しい。。

つい謙遜しちゃうんですよ。とりあえず謙遜しておけばいいかって。

「褒められ上手」になるには「とりあえず謙遜する癖」を克服しないといけません。

私もまだこれがなかなか克服できませんー ^ ^;

 

・まず感謝する癖をつける

 

もし誰かから褒めてもらえたら。

「そんなことないですよー」という否定形の返事から入るのではなく、

「ありがとうございます♪」という肯定形の返事から始める。

そうすると、褒めた相手も褒められた自分も気持ち良く会話ができる。

できれば気持ちの良い気分で過ごしたいですもんね!

 

ポイントは「喜ぶ癖」ではなく「感謝する癖」っていうところ。

だって、「喜ぶ」って難しくないですか!?

あれ?そんなことない??(笑)

 

でも、「褒められ慣れていない人」からすると「喜ぶリアクション」ってハードルが高い!

リアクション薄くてもちゃんと喜んでるんですよ?

喜びを表現することがちょっと苦手なだけ!

その点を本当に理解してほしいー >_<

 

それに比べると、「感謝する」ってハードルが低めです。

感謝というより褒めてくれたことに対しての「お礼」と考えて見ても良いのかな。

まず「お礼(感謝)」をして、それでも謙遜したかったら

「ありがとうございます。でもまだまだなんですよー」って言えば良い。

 

お礼(感謝)にはそこまで大きなリアクションもいらないのでラクですよ(笑)

 

 

褒められたことを喜ぼう

 

笑顔の女性

あ、心の中だけでもいいです。

「喜ぶリアクションをしよう!」とか元気なことは言いません(笑)

「嬉しかったな〜」と後から振り返るくらいでも良いです。

そうすれば、

褒められること=苦手なこと

でなく

褒められること=喜ぶこと

へと変化していくはず♪

 

「褒められ上手」になっていけば、「褒め上手」にもなっていける!

ということで、次回「褒め上手、褒められ上手になろう〜褒め上手編〜」へ!

 

続く・・・といいな ^ ^;

 

 


髪jobは地方のための美容師求人サイト。
社員はもちろんパート・業務委託の求人募集情報も充実。
登録不要ですぐ応募できるサロンと美容師を最短でつなぐ求人サイトです。
各サロンのPR情報・写真も掲載できるからより詳細なサロン情報を知ることができます

友だち追加

 

 

企画運営
株式会社JAMROCK
栃木県宇都宮市中久保2-14-7

ABOUTこの記事をかいた人

美容師求人サイト髪job運営事務局 株式会社JAMROCKパシリ兼デザイナー兼Rocket Queen 好きな音楽は70~80年代HARD ROCK(GUN'N, AERO,etc) 居酒屋大好き。つまみは「厚揚げ」「煮込み」「いか一夜干し」飲むのは「ホッピー」