美容師用品の断捨離

こんにちは。髪job事務局です。

あけましておめでとうござます(遅)

2018年も2週間が過ぎちゃいましたよー。ようやく初投稿できました ^ ^;

 

 

去年からずっと断捨離をしている私ですが、断捨離しながらふと思ったことがあります。

「美容室で出る大量の髪の毛とか、カットマネキンとかどう処分しているのかなあー」と。

 

というのも、断捨離ではやはり某フリマアプリを活用しているのですが、美容師さんのハサミが意外と出品されているのを知り、そのほかについても気になってきたというわけ。

 

余談になりますが、オークションだったり、買取業者があったりと、「中古ハサミ」って当たり前のことなんですよね。

この仕事を始める前は勝手なイメージで、美容師さんのハサミって刃がダメになるまでずっと手入れして使っていくものか、

あるいは新人さんに譲ったりするものなのかなと思っていました。

新人の時に先輩が使っていたものを譲り受けるってテンション上がりますよね!お金もないからありがたいし(笑)

で、ボロボロになったら処分とか供養をする。みたいな感じなのかなと。

でもよくよく考えればハサミだってモデルチェンジするし、いろいろメーカーもあるし、途中で変えることはありますよね。

そして値段が値段だから、売れるなら売ってしまいたいのは当たり前。

もちろんダメになるまで使うものは使っていくでしょうし。

 

いやあ、ホント他の職業の世界なんて何にも知らないんだなーと実感しました。

ついでに、美容師さんなら既にご存知かもしれませんが、「ハサミの日」8月3日です。

私の誕生日なのです(笑)←どうでもいい

 

ではでは、本題の髪の毛とマネキンについて。

 

ゴミとして処分

 

ゴミ袋

ま、そうですよね。

そりゃそうですよね。

地域によって収集の仕方に多少の違いはあるようですが、ゴミになるという結果に変わりはありません。

マネキンは収集の方を驚かせないように事前に連絡をしたりするんですね。

ぱっと見かなり心臓に悪いから・・・ ^ ^;

 

 

売る

 

きました。

やはり今の時代なんでも売れるんですね。

私も最近、

「これ捨てずに売れるんじゃないか・・・?」

と思うようになってしまったからコワイです ^ ^;

 

さすがに切った髪の毛はありませんでしたが、カットマネキンは某フリマアプリに出品されておりました。

ぼちぼち売れてはいましたが、マネキンは小さくないので送料や梱包、発送の手間を考えると大した利益にならなそう・・・

時間は掛け替えのないものなので、それも加味した上で出品した方が良いですね。

まあ、これは最近自分に言い聞かせていることなんですけど。

目先の小銭に惑わされてはいけない!(笑)

 

切った髪の毛も買い取ってくれる業者があったりするようですが、(さすが今のご時世・・・)

かなり長さが必要ですし、カラー毛や痛んでいる髪の毛にはほぼ価値がないので現実的ではないですよね。

 

 

 

 

 

 

とまあ、想像通りの結果といえば結果でした(笑)

 

しかし、「疑問に思って調べてみる」という過程が大切なので、

想像通りの結果だったとしても良いのです。

世の中に疑問を持たないと何も生まれてこないですからね!!

 

2018年は「なぜ」「どうして」をもっと大切にしていきます!!!

そしてできればそこから画期的なアイディアを生み出したいーーー!!!!

 

 

あ、今更ですが皆さんは新年の目標を立てましたか?

大きな目標を立てた場合、それに向かって日々一つひとつ小さな目標を立てていくと良いらしいです。

 

2018年が皆さまにとって素晴らしい年になりますよう、私たち髪job事務局もさらなる成長をしていきます!

本年も引き続き「求人サイト髪job」をどうぞよろしくお願いいたします。