「どこでも通用する技術」はホントにどこでも通用するのか。

私もグラフィックの世界でデザインを嗜む者としてずっと思っていました。

ガチでデザインやったら(そんなに)負けない!

って。今もまだ思ってますけどね^^

美容師求人の中にも見られるそういったフレーズ。基本的には大好きだし、若者は絶対そこを高みを目指して日々やっていくべきだと思います。

ところが、最近感じてきたのはそのフレーズが意味する《最高級レベルのデザイン》を発揮する機会が減りまくってませんか?

クライアントに予算がないから

だと言われつつ、

そこまでのレベルを求める人が減ったから

だとか言われつつ…はたしてホントでしょうか?

パソコンやITの発達で素材やネタは山のようにネット上に氾濫し、一般の人がある程度のデザインならカンタンにできてしまいます。
デザイン価格は私が仕事をはじめた頃からしたら…半分くらいかも。※もちろんこれは、地方の一般企業レベルね。

どういうことなのか!?

つまり、費用対効果が…

修行に修行を重ねて身につけたホンモノのデザイン ≦ インスタントなそれなりデザイン

になってるってこと。これは美容師も一緒のはずです。

インスタントデザインが良いのか?と言われればNOなんだけど…悪くはない(お手頃だし)

修行を重ねたデザインが良いのか?と言われればYESなんだけど…そこまで手が出ない(高い)

生活必需品として買う《NEEDS》と欲求で買う《WANTS》。モノが溢れた時代には欲がなくなってしまってる??

「どこでも通用する技術」はもう、どこでも求められている技術として間違いありませんが、どこでも求められている【商品】ではないのです。

160kmの速球を目標に日々トレーニングしているけれどそれを受けられるキャッチャーがいない…みたいな。(そのキャッチャーをGETできたら最強なんです!!)

アパレルでは、ユニクロがスタンダードな時代。上層にあったブランドがそれに引っ張られている現実。本末転倒だけどこれが現実。

利益がなければ何もできない。逆に利益が、余裕があればいろいろなことが選択できます。

美容室のプレイヤーオーナー様、その常識が、プライドが、あなたのサロンの集客もリクルートも苦しくしていませんか?

そのツケが、若い子たちの未来や夢を潰しているケースがあるということを、もう直視してもいいのではないでしょうか?

株式会社JAMROCK
美容師求人サイト「カミジョブ」言い出しっぺ
サイトウケン


求人サイト髮jobカミジョブは、地方エリアの多くの美容師さんの意見を取り入れた地方のみんなのための美容師求人サイトです。個人店でも無理なく求人掲載ができることを大前提にできた、価格・操作性・利便性ともに十分魅力的な今までにない求人サイトです。
掲載料は1年間58,000円(税別)。きっと費用対効果はNO.1の美容師求人サイトだと自負しております。
スタッフ募集に手詰まりのサロン様はぜひ一度お試しください^^
お申し込みはこちらから

1554497_214048422121359_209108460_n 友だち追加 Instagram

髪jobのFacebookページ

またJAMROCKなら、求人サイト掲載のみならずトータルであなたのサロンのリクルート&プロモーションをサポートいたします。

 

ABOUTこの記事をかいた人

現在も一貫してBITCH PROJECTを進行中の日本一アイマールなクリエーター。某カリスマ美容師も「すげぇ~」と唸る【天パー】を振り乱し、フィールド狭しと駆け巡るファンタジスタ!!